疑問を解決

バストアップクリームでクーパー靭帯マッサージと筋トレで垂れ乳予防!

バストアップクリームでクーパー靭帯マッサージと筋トレで垂れ乳予防!

バストアップクリームなどを使用してどんなにバストアップを目指していても、「クーパー靭帯」を知らないと損をする事になりかねないようです。

垂れ乳が気になる場合は特に、クーパー靭帯がその原因の大きな鍵を握っているようですので、今回はクーパー靭帯について以下の事を紹介していきます。

 

・バストアップクリームでクーパー靭帯は守れる。
・クーパー靭帯の切れや伸びの原因とは。
・切れた場合の自覚症状や確認方法とは。

 

このような事を紹介しながら、クーパー靭帯や正しいバストケアについて確認していきたいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

 

バストアップクリームでクーパー靭帯をマッサージして垂れ乳を予防!

クーパー靭帯の切れや伸びが原因で垂れ乳になるなら、その予防方法を知っておきたいですよね。

そこでまずはバストアップクリームを使っている人なら一手間加えるだけで垂れ乳の予防ができるので紹介していきますね。

普段塗るだけのバストアップクリームを、外側から内側へ腹部側から上へと、正しいマッサージを加えて塗る事で胸周りの血行も良くなり、クーパー靭帯を囲う胸筋へのアプローチにもなるので、クーパー靭帯を保護する意味でもマッサージは正しくおこなっていきたいですね。

しかし、力の入れすぎや間違った方法でのマッサージをする事で逆に傷める場合もあるので注意も必要です。

 

バストアップクリームを使いながらクーパー靭帯を筋トレで鍛えよう!

クーパー靭帯の切れや伸びを防ぐ方法として、バストアップクリームと一緒にオススメしたいのが筋トレです。

胸筋に囲われるようにして存在するクーパー靭帯は、大胸筋・小胸筋を鍛えていく事で保護する事ができるようです。

そこで、胸筋を鍛えて保護するためには特に「腕立て伏せ・ダンベル」がオススメだと言えるようですので、1日の中でも合間を見て、定期的に筋トレしていく事が良いようですね。

 

クーパー靭帯が切れたり伸びたりする原因は?

バストアップクリームやナイトブラなどでしっかりとケアをしているつもりでも、クーパー靭帯が切れたり、伸びたりするとバストの形は崩れていくようです。

では、「なぜクーパー靭帯の切れや伸びが起こるのか」と言った原因を細かく調査してみたので参考にしてみてください。

 

クーパー靭帯が切れる・伸びる原因①ノーブラで寝ている

「ノーブラでの睡眠はあまり良くない」と言う事が最近では知られていますが、クーパー靭帯との関係も大きいようです。

寝返りやうつぶせ寝での胸の圧迫などで何にも支えられていない胸が揺れ動く事で、知らない間に伸びる原因となっているようです。

バストアップクリームなどを使用していても、ノーブラでの睡眠で無駄にしてしまうよりは、ナイトブラを着用して寝る事で伸びるのを防ぎたいですね。

 

クーパー靭帯が切れる・伸びる原因②激しい運動をしている

激しい運動では胸が上下に大きく揺れるため、クーパー靭帯が伸びたり、切れたりする原因となるようです。

そのため、バストアップクリームなどを使用してサイズは大きくなっていても、運動により胸の位置が垂れてしまう事があるようです。

それを考えると運動しないのが1番と思われますが、やらないのも体に悪いので、運動をしなければならない場合などは日常的に使用している普通のブラではなく、スポーツブラジャーなどの動く際に適したブラを使用する事で胸の揺れを抑えると、クーパー靭帯を切れや伸びから守る事ができるようです。

 

クーパー靭帯が切れる・伸びる原因③加齢によって組織がたるむ

加齢に伴って身体的な機能の低下を自覚するのは意外と早い段階の出来事だと思いますが、それと同様にクーパー靭帯も加齢によって機能低下して伸びたり切れたりしやすくなるようです。

そのため、年齢を増せば増すほどバストアップクリームなどのケアをしてしても胸の垂れを感じる事が多いようですね。

まずは筋トレで胸筋を鍛え、マッサージやエステに行ったり、サイズの合うブラを着けるなど、様々な方法でクーパー靭帯を老化から守っていきたいですね。

 

クーパー靭帯が切れた時は自覚症状はあるのか?

靭帯と言われると、スポーツ選手の靭帯断裂などをイメージして、痛いものだと思われがちですが、クーパー靭帯は切れても全く自覚症状が無いようです。

つまり、日常生活でいつでも傷めている危険性があると言う事になりますね。

バストアップクリームやマッサージ、筋トレと言った方法を有効活用して常日頃からクーパー靭帯を守る事に対して意識していかないと、気づいた頃には手遅れになるといけないのでしっかりとバストケアをしていきたいですね。

 

クーパー靭帯が切れたか確認する方法!

クーパー靭帯が切れても自覚症状はありませんが、バストアップクリームやマッサージなどをしながらでも自分で切れているのかを簡単に確認する方法はあるようです。

 

1、膨らみの始まる位置
脇の下の位置からバストの膨らみが始まって入れば、今のところは垂れていないと言える状態のようです。

2、バージンライン
胸の下の丸いラインをバージンラインと言うようですが、そのラインがはっきりとして整っている場合も、まだ大丈夫と言うサインのようです。

 

このような方法に加え、自分で感じる垂れなどもクーパー靭帯のサインになりますので、しっかり確認していく事がオススメですね。

バストアップクリームでクーパー靭帯を守って素敵なバストを保ちましょう!

胸に脂肪を増やしてサイズアップさせるバストアップクリームでは、ただ大きくなるだけだからクーパー靭帯とは無関係だと思われる事もあるかもしれません。

しかし、バストアップクリームを塗る時のマッサージ方法1つでも、クーパー靭帯を守る大きな役目を果たします。

そのため、正しい方法でのマッサージと言う一手間を加えてバストアップクリームを塗って、クーパー靭帯のケアとバストアップの両方を効果的、効率的に行っていきたいですね。

 

バストアップクリームとクーパー靭帯【まとめ】

今回は、クーパー靭帯について紹介してきましたが、それをまとめると以下のようになりますね。

・マッサージや筋トレと言った一手間で守れる。
・日常生活でも切れや伸びの原因が多くあるので注意が必要。
・自覚症状は無くてもある程度の確認はできる。

このような事を参考に、ただバストアップクリームを塗るだけではなく、クーパー靭帯の存在も意識して一手間加えてマッサージをするなど、効果的にバストアップを目指していきたいですね。